25周年誌 >> 記事詳細

3.21 蔵前技術士会とくらりか

くらりか代表 当会元事務局長 S38化工S40修化工H6博 山岸 千丈

 技術士でもない私が蔵前技術士会に入会したのは平成16年、会社の退職1年前でこれからの有り余る時間をどう過ごそうかと悩んでいた時でした。窯業同窓会・蔵前技術士会共催の講演会でヨット部の先輩である前会長の佐鳥さんにお会いし、顧問という閑職で暇を持て余している旨をお話したら蔵前技術士会への入会を勧誘され、以来、技術士会の例会(講演会)に顔を出すようになりました。技術士会入会の成果は、久しぶりに例会で顔を合わせた同期の持田氏からお茶の水女子大の社会人コースでセメントの講義担当を頼まれ、その引受け母体となっている化学工学会傘下のSCE-Netに参加したこと、また、「蔵前理科教室ふしぎ不思議(略称くらりか)」に参加したことです(現在、前代表の高橋さんの後をついで4代目のくらりか代表を務めさせてもらっています)。
| 第3章