25周年誌 >> 記事詳細

3.18 蔵前技術士会の技術士受験講座

当会元技術士受験支援ワーキンググループリーダー 技術士(電気、技監) S37電気 鶴岡 寛治

 蔵前技術士会の技術士受験講座は、平成5 年に初代の市川会長の企画で始められ、平成22 年までの18 年間に亘り、技術士資格取得の支援をして参りました。しかし、平成22 年5 月の講習会をもって、開催を中止しました。この間には平成13 年度に総合技術監理部門が新設され、その受験に重きをおいた講習を元会長の内田さんが中心になって実施し、平成15 年度版~平成17 年度版の「技術士試験総合技術監理部門受験・合格マニュアル」を出版しました。平成19 年度に再び技術士受験制度が改正され、試験内容が大きく変わりました。当講座が最も重きを置いていた業務経験論文の比重が軽くなり、試験内容が記述問題中心から、択一問題も出題されるようになり、講習内容もそれに対応するものに変更しました。重きを置いていた業務経験論文の比重が軽くなったため、当講座の意義も軽くなりました。
| 第3章